So-net無料ブログ作成
サッカー ブログトップ
前の10件 | -

梅雨気分 [サッカー]

ユーロでイタリアが敗退してしまい、テニスウィンブルドンでは錦織が負傷棄権してしまい、もうがっくりの今週でゴザイマス。しばらくブログに何か書こうという気になれなくて、引きこもっておりました。
それにしても、モラタはマドリに帰っちゃうし(しかもそこからさらに里子に出されるっぽいし)、ポグバはマンUに帰っちゃうし、ザザはPK要員でドイツ戦に出場したのに外しやがるし、ボヌさんはいろんなところから狙われてるし、いったいこれからユーベはどうなってしまうん?
そんな中、マリノスは後期開幕戦ベルマーレに勝利。俊輔いないのに3点取って完封。普通それは快勝といえるのだろうが、なんかなー・・・個人の能力で何とかしたものの、チームとしての連携とか全然できてないのがまだまだ不安いっぱいなんすけど。
とはいえ人生は続く、ユーロも続く。どこが優勝するにしても生暖かく見守りますよ、ええ。ただたぶん4時には起きられないと思うので録画視聴になると思われ。







錦織がユーロの優勝予想を聞かれて「イングランド応援してたんですけど負けちゃったんで・・・イタリアかな?」と言ったとき、「これはイタリアやばいかも(汗)」とちょっと思った。






気持ちを上げようと、人から譲ってもらったゲーム『イグジスト・アーカイブ』をやっているのだが、「PS4でいまどき横スクロールのRPG?!」「必殺技の出し方がわかんねー!」と散々なことになっている。実は技を繰り出すたびにキャラが「なんちゃらかんちゃらバーストーーーッ!」とか叫ぶタイプのゲームはいちいちイラッとするのであんまり好きじゃない。ので、謹んでヴォイスの音量をゼロにさせていただいた。ゲーム開発者の皆さん、声優の皆さん、キャラのセリフ集めに萌える方々(うちの家族にも一人いる)、ゴメンネ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

しょっぱくない! [サッカー]

コパ・アメリカ決勝でへこみ(チリ連覇おめ、でもマスチェラーノにA代表のタイトル取らせてやりたかったんだよー)、ブログを書くと愚痴だらけになりそうだったが、ユーロ大一番でちょっと元気出た。

ユーロ2016ベスト16
「イタリアvsスペイン」(2:0) キエリーニ、ペッレ
戦前の予想では、スペインの華麗なパスサッカーをアッズーリが塩漬けにしてイタリアファン以外の世界中のサッカーファンからブーイングを食らう、という試合展開が見えたが、ふたを開けてみると前半からイタリアが積極的にプレスをかけて攻める攻める。これにはスペインもびっくりで動揺、てな感じ。
ペッレのヘッドやジャッケさんのオーバーヘッドとかチャンスはイタリアの方に多く、ついに33分に先制。
ゴール正面のフリーキックをエデルが壁の間を通して弾丸シュート。これはデ・ヘアが弾くもすかさずジャッケさんが走り込んで蹴り込む。またまたデ・ヘアが身を挺して防いだが、さらなるこぼれ球を押し込んだのはキエさん。イタリア大喜び!(1:0)
スペインはイニエスタとかシルバとか仕掛ける選手はいるけど、そのおぜん立てを決めきる選手がいない印象。つまりずばりセンターフォワード不足。モラタはチームメートだったのでユーベDF陣にとっては長所も弱点も癖もすべて把握済みだから対処は楽勝。
そんな感じでイタリアリードのまま前半終了。
スペインは後半からノリートに替えてアドゥリス投入。高さと老獪さでガツンといったれや、てことなんだろうか。んが、老獪さではイタリアDFたちの方が一枚上なのであった。アドゥリスはなかなかシュートを枠に飛ばせず(まぁ、アドゥリスに限らずスペインは)、結局腰を痛めて途中出場なのに途中交代。
そんな後半も、同点に追いつこうと攻めてくるスペインにカウンターで対抗しイタリアがチャンスシーンを何度も作るが、デ・ヘアにスーパーなセーブをされて追加点ならず。
そうこうするうちについに残り10分となり、スペインはセルヒオ・ラモスが前に上がってなりふり構わぬ放り込み&クリアを拾っての波状攻撃。ここではブッフォンが大活躍。安心できるわー。カテナチオこじ開けてもまだブッフォンがいる頼もしさ。
そして後半ロスタイム、まるでベルギー戦再来のようなカウンターからのペッレボレーでダメ押しゴール。喜びすぎてベンチの屋根によじ登ろうとするコンテw ほかのシーンもコンテ熱すぎておもろおかしい。コンテ、シベリアンハスキーっぽい印象があるのだが、やはり前世は犬なのかも。吠えるし。
そのまま試合終了でイタリアがスペインに勝利。前回ユーロ決勝の雪辱を果たした・・・けど、この後ドイツと対戦して、もし勝ってもそのあとたぶん開催国フランスと当たって、そこをクリアしてやっと決勝で、最後はイタリアに初戦で負けて目を覚ましたベルギーにやられて終了、なんて皮肉なことになったりして。


「イングランドvsアイスランド」(1:2)ルーニー(PK)、R・シグルズソン、シグソールソン
なんとアイスランドが!勝ち上がった!
開始すぐ、スタリッジがキーパーに倒されてPK。うーん、微妙な判定。これをルーニーが決めてイングランド先制。・・・とここまでは起きてたのだが、「はいはい、イングランドね」と寝てしまう。かえすがえすも頑張って続き観ればよかったよー。
なぜならば、その直後、アイスランドは追いついたのであった。ロングスローをヘッドですらし、シグルズソンが蹴り込んで同点・・・らしいよ。
さらに前半のうちにアイスランドはシグソールソンゴールで逆転・・・らしいよ。
後半もイングランドは追いつけず、ユーロ敗退。国はユーロ撤退、代表はユーロ敗退。
大躍進のアイスランドの次戦は地元フランス。



で、一応結果、コパ・アメリカ決勝
「アルヘンvsチリ」(0:0、延長0:0、PK2:4)
前半のうちにチリのディアスとアルヘンのロホが退場。荒れ荒れ模様。イグアインが大チャンスを決めきれなかったり、アグエロがシュートをふかしまくるなど、アルヘンには「あそこ決めときゃ・・・」シーンが結構あったが、結局は延長まで戦ってスコアレスでPK戦突入。
チリ先攻で一人目ビダルがセーブされ、いけるかも!と思った矢先、アルヘン一人目メッシが枠を外してガックリ。チリはその後ノーミスだったのに、アルヘンはマスチェラーノ(決めて吠える姿が最高)、アグエロと決めたもののビリアがブラボに止められて、5人目まで行かずして優勝を逃す。あーあ。


イタリアの試合が始まるまでウィンブルドンを観てた。ビッグサーバー相手でちょっと心配したが錦織貫録勝ち。

寝不足すぎなのでどこかで睡眠時間確保しないとなー。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

危うく戦犯 [サッカー]

ユーロ2016ベスト16
「フランスvsアイルランド」(2:1)ブレイディ(PK)、グリーズマン×2
開始早々、アイルランドに最初にPA内に攻め込まれたときに、ポグバが後ろからロングを倒してしまいPK。あまりにも開始早々だったので、気持ちが試合モードになってないところをなんとな~く行っちゃった感じ。止まろうとしたのにあらあらあら~てな感じでファール。PK決められて先制されてから事の重大さに気づく的な。開始1分でファール、そして2分でPKでアイルランド先制。
その後フランスがなんとか追いつこうと攻めまくるも決めきれないもどかしい展開。そこここで危ないカウンターくらうし。前半はそのまま終了。
後半、デシャンが動く。イエロー貰って次節出場停止のカンテに替えて、前目の選手コマン(ユーベからバイエルンにレンタル中)を入れて勝負。
すると、サニャのクロスにグリーズマンがドンピシャヘッドを決めてフランス同点に追いつく~。それまで「どこへ~?」てなクロスをばんばん放っていたサニャが若いコマンが輪をかけてどいひーなクロスを連発したので「ここはわいが長い経験を生かしたプレーを見せつけたるで」と気を引き締めた・・・かどうかはわからないが、きれいなクロスであった。
さらに、ラミのアーリークロスをジルーがヘッドで落として、またまたグリーズマンが今度は蹴り込んでフランス逆転。ああ、ポグバ、戦犯にならなくてよかった。
その後、ハットトリックなるかというグリーズマンを止めたダフィーが決定機阻止の一発レッドで退場。アイルランドは10人になり万事休す。
結局、開催国フランスがなんとか逆転勝ちした試合ではあったが、なかなか調子上がらんねぇ、フランス。次はイングランドとアイスランドの勝者と対戦。大丈夫かいな。
ポグバは髪形で目立たずプレーで目立ってくれ(良い方に)、頼む。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

塩漬け美味い [サッカー]

ユーロ2016
「イタリアvsスウェーデン」(1:0)エデル88分
第一戦はイタリアはベルギーに勝ち、スウェーデンはアイルランドとドローだった。つまり、イタリアは無理して勝ちを拾いに行かなくてもドローでも全然OKなわけで、当然のように立ち上がりから恐ろしいほどの塩試合に・・・。
もうね、攻めよりも守りの方にベクトルが行っちゃってるのでシュートの少ないこと少ないこと。スウェーデンはここを勝たないと苦しくなるので攻めてくるのだが、中央をがちがちに固めて迎え撃つイタリアの前になかなかPA内に侵入できず。イタリアはイタリアで守った後カウンターにつなげるでもなく、単純にはじき返すことが多いから、スウェーデン攻める、イタリア守る、の繰り返しで、そりゃーもう退屈な・・・素敵なイタリアペースの前半であった。
深い時間の試合じゃなくてよかった、確実に寝落ちだわ、こりゃ。
後半も多少は攻め始めたものの相変わらずのダルダルの試合。ザザやら、ストゥラーロやら、交代でユーベ色がどんどん濃くなっていき、個人的にちょっと気分が上がる。そんなイタリア好きユーベファンでも興味を保ち続けるのがきついのに、スウェーデンファンはつらかろう。
でもね、スウェーデンは高身長選手が多いので終盤の放り込みタイムは要注意かもねー、と思って身構えていたら、逆にイタリアが終盤に向けて攻撃的にシフトしていき、ボロボロミスっていたパスも回るようになり、88分ついに先制。キエさんのスローインをザザがヘッドですらし、エデルがドリブルで2,3人抜いて、抜き切らないタイミングで絶妙なシュート!これが決まってスウェーデン的に厳しい時間帯にイタリア勝ち越し。エデル足の振り早い!
で、この後はもう完全に逃げ切りですよ、イタリアとしては。相手コーナーでキープはもちろん、なかなかゴールキック蹴らないでブッフォンはイエロー貰ったりして。
予定通り時間を費やし、ウノゼロでイタリア勝利。
まー、面白いとは決して言えない試合だったが、代表戦は結果がすべてですからー。
でも、この試合はイタリアファン以外はハイライトとかダイジェストで十分と思われるので、そちらをお勧めします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ルックス的にはナチュラルメイクのレディ・ガガ [サッカー]

コパ・アメリカ2016
「アルゼンチンvsボリビア」(3:0)ラメラ、ラベッシ、クエスタ
えータイトルはアルヘンDFフネス・モリの印象。プレーと全く関係なし。でも、リーベル出身選手としてそこはかとなく応援しております(現在はエヴァートン所属)。今回出場してるのは双子のモリ兄弟(ロヘリオ、ラミロ)のラミロの方だけど、ルックス的には一卵性でほぼ同じなのでどっちもガガ様ってことで。
アルヘンは大差で負けないかぎりグループ首位通過なので、マスチェラーノほかカード貰ってる主力選手はお休みして、若手とサブのお試し試合的なものとなった。
メッシは3点リードした後半からリハビリ出場。前の試合のように1点差で緊迫してた状況じゃないのでゴリゴリゴールを狙いに行かず、つなぎやらドリブルやらいろいろ余裕をもって試していた模様。
イグアイン(リーベル出身)とアグエロ(シティ所属)というスタメンは初めてで実況解説ともに興味深く見守っていたが、ボリビアもそっちに気を取られたのか、結局点を取ったのはほかの選手たち。
1点目はラメラもFKが壁に当たって角度が変わってキーパーと逆方向に。ラッキー。ボリビアは不運。
2点目、右からのクロス(モリくんからロンカグリアだったかな)をイグアインがヘディングシュート、キーパー弾くもゴール前のラベッシが反応素早くこれを押し込む。
3点目、左コーナーキックのこぼれをラベッシが右からシュート・・・をゴール前に残っていたDFクエスタがちょいと足を出して方向を変えてゴール。
1点目のFKもらったのもラベッシだし、3点すべてに絡む大活躍。今は中国のチームに所属しているのでナポリにいたころより全然情報少ないのだが、元気そうで何より。
後半は・・・特にないかなーw 前述のようにメッシのためのリハビリゲームみたいだった。
これでアルゼンチンのGL一位通過が決定、準々決勝の対戦相手はベネズエラ。


ユーロの方は「フランスvsアルバニア」観たけど、攻めても攻めてもフランスがゴールこじ開けられず、スコアレス濃厚な終了間際、退屈してうとうとしてたらなんと立て続けにフランスが2ゴールして勝利っつう・・・何だよーーー寝てる隙狙うなよー、という試合だった。ポグバはそろそろ代表チームになじまないと、負けたとき戦犯にされちゃうぞ、と。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

耐えて耐えて耐えて勝~つ! [サッカー]

ユーロ2016
「ベルギーvsイタリア」(0:2) ジャッケリーニ、ペッレ
GKと3バックがまんまユーベなのでもちろんイタリア応援で。ベルギーにはシティ組のデ・ブライネとコンパニがいるが、コンパニ怪我で出てないし、ここはやっぱりどうしてもイタリアに肩入れしちゃうよね~。
とはいっても、早朝の試合で起きられず、後半途中から観始めたので前半のジャッケリーニの先制ゴールはハイライトで後から観た。ボボボボヌッチさんのすんばらしいロングフィードをジャッケリーニがピタリと収めて、クルトワをしてもセーブできないコースに蹴り込むファインゴール。
ブッフォンとクルトワのキーパー対決と銘打ってWOWOWはゲストに川島呼んでたりしたが、クルトワは反射神経で、ブッフォンは位置取りと出る出ないの判断力で、両者ともさすがのパフォーマンス。ええもん観してもらいましたわ~。
自分が見始めた後半は、1点ビハインドのベルギーが怒涛の攻撃を展開していて、しかもご高齢のイタリア守備陣がちと疲れてきていて、結構ひやひやするシーンがたくさんあった。だが、最後のところで体を張って(シュートコースを塞ぐ、プロフェッショナルファールで遅らせる等々)何とか持ちこたえ、いよいよ後半ロスタイム、カウンター炸裂でカンドレーバが右サイドを切り裂いてPA内に入っていき、クルトワもベルギー守備陣もそっちに気を取られたところをシュートと見せかけて左サイドに走り込んできたペッレにパス、ペッレがこれをダイレクトボレーできれいに蹴り込んでゴラッソ~!
結局(0:2)でイタリアが勝利。下馬評では有名選手が多いベルギー有利と言われていたのだが、伝家の宝刀の組織的守備で踏ん張り、決めるところを決めたイタリアが伝統国の底力を見せた形になった。


ほかの試合
「スペインvsチェコ」(1:0)ピケ
スペインが攻めても攻めても点が入らないという結構しょっぱい試合であった。
チェコは今回はロシツキが無事に出場していてそれだけで目出度い限り。最近は常に怪我してるイメージだもんなー。ドルトムントにいたころが一番生き生きしてた・・・ような気がする。
WOWOW的にはリーガの中継をしているので当然スペイン押しだったが、チェコもなかなか良いチーム。でも、シルバが出てるので個人的にもスペインかな、ここは。セルヒオ・ラモスがキャプテンやってて時の流れを感じたよ。19歳でマドリに移籍してきたときは、ロン毛にサングラスに白いスーツに黒のシャツ、どこのチンピラかと(笑)。
結局終盤にセットプレーのあと残ってた?ピケがゴール前ごちゃごちゃした中で決めてスペインがなんとか勝ったわけだが、ゴールラインぎりぎりでセスクが間一髪かき出した場面とか、デ・ヘアがスーパーセーブしたりとか、チェコもあと一息で得点できそうだった。予選を勝ち上がってきた国ばかりなので本大会は拮抗した試合が多くて楽しいね。


「アイルランドvsスウェーデン」(1:1)フーラハン、OG(クラーク)
すいません、ほぼ寝てたので感想は特になし。実況がめっちゃズラタン押ししてたのだけが印象に残ってる。「特別な選手」て、あんた。それなのにアイルランドが先制してありゃりゃ、というね。終わってみればスウェーデン追いついてドロー。いや、寝てたんで、気づいたら終わってた。



明日朝はコパ・アメリカでアルヘンがボリビアと対戦じゃー。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ラキティッチのおでこが広大な範囲に広がり続けて・・・ [サッカー]

ユーロ2016
「トルコvsクロアチア」(0:1) モドリッチ
なかなか熱い試合ではあったが(チョルルカの流血三昧とか)、とにかくタイトルの通り久々に見たラキティッチが・・・昔は可愛かったのに台無しw
スタジアムは全面真っ赤。ホーム扱いのトルコのカラーが赤、に加えて青いアウェーユニのクロアチアもホームユニは赤白の市松模様(有名デスね)なので、サポーター全員が赤もしくは赤白ユニ。どっちの応援が多いのか見ただけだとわかんねー。後半から見たのでモドリッチのゴールは見てないからノーコメント。
マンジュキッチはユーべの時以上に存在感なかったなー。がんばれ!
客席の市松ユニ姿のサポーター(超熱い)を見てると、2020東京オリンピックのロゴマークが紺と白で地味とか言われてたが、赤白にしたら「俺らのパクんな!」とクロアチアから抗議が来ちゃいそうなので、あれでよかったと思った。

「ポーランドvs北アイルランド」(1:0)ミリク
観てたはずなのにほぼ記憶がないってなぜ?もう眠気に耐えられないお年頃ってことだろうか。
北アイルランドの緑ユニは好きな感じ。ポーランドは以外にもユーロ初勝利だそうで。歴史的試合になりました。

「ドイツvsウクライナ」(2:0)ムスタフィ、シュバインシュタイガー
試合前はドイツのほうが断然強いと思われたのに(有名選手も多いし)、ふたを開けてみるとそうでもなかった。3試合で一番深い時間帯だったので、意識朦朧としてたからかもだが、あんまり「おおっ!」というようなプレーがなく退屈な試合だったような。
ドイツは前半にセットプレーからサクッと先制したもののその後なかなか追加点が取れず、ノイアーのセーブで追いつかれそうなところをしのぐシーンもあったりして。
90分に交代で出てきたシュバインシュタイガーがロスタイムにカウンターからダメ押しゴールを決めて、最後おいしいところを全部持って行った感。

今日も「ベルギーvsイタリア」が一番遅い4時開始なので、起きてられそうになく観たいけど寝てしまうという事態が予想される。あー早く寝て備えるか・・・無理だな。



で、コパアメリカのほうはブラジルがペルーに負けてまさかのグループリーグ敗退という驚きの結果に。ウルグアイも敗退したしサッカーは何が起きるかわからんわー。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

さすがメッシ、やはりメッシ、そしてメッシ [サッカー]

コパ・アメリカ2016GL
「アルゼンチンvsパナマ」(5:0) ヲタメンディ、メッシ×3、アグエロ
前半は点差ほど差がなかった。パナマ、すごい進化してると思った。
アルヘンは低調な攻撃ながらも、ディ・マリアのFKをヲタさんヘッドで先制。こういう停滞しているときにもセットプレーで点が取れるのはやはり試合巧者。
で、その後、パナマのゴドイがイエロー2枚目で退場。主審は一貫して厳しくファールを取り、結果カード連発。そこへ1枚もらってるのにゴドイがアルヘン選手の頭を後ろから小突いて2枚目。アホやがな。アルヘン相手に人数少なくなってパナマピンチ。
が、アルヘンもディ・マリアが前半終盤に負傷交代。ラメラが代わって入る。
そんなこんなで前半は(1:0)
後半途中60分過ぎにメッシがフェルナンデスに代わり交代出場。まースタジアムのボルテージが上がること上がること。すると、パナマのクリアボールがイグアインの顔(おでこ?)を直撃し、メッシの目の前にこぼれてきて、これをゴールに蹴り込み追加点。メッシ1点目。ラッキーなゴールとはいえ、出てきて初シュートで決めるあたりがさすが持ってる選手は違うわ~。
さらに、自ら貰ったFKを、壁をかすめてゴール右上隅に美麗に決めて(3:0)メッシ2点目。完璧なコース。もうね、うっとりですよ。リラックスしたメッシはこんなにもすごいのか、っていうね。やはりスーパースター。
さらにさらに、またまたゴール前のごちゃごちゃからのこぼれを相手DFが3人寄ってきた中きっちり決めて(4:0)ハットトリック達成。この決定力、日本代表に爪の垢を煎じて飲ませたい。
そして、仕上げは起点に。左サイドを上がってきたロホに右サイドからメッシがピンポイントクロス、これをロホが中に折り返してアグエロがヘッドでゴールゲット!(5:0)
終わってみたら大差でアルヘン勝利でございました。
でもね、退場がなかったらわからなかったね。一人少なくてパナマがバテバテになったから、後半出てきたメッシが大活躍した素地ができたとも言えるし、カウンターで危ないシーンもあったし。2対1をマスケが絶妙のポジショニングで守った場面なんて冷や汗かいたさー。
まぁ、そうは言っても、だれが見てもこの試合のマンオブザマッチはメッシ様でした。


ユーロ開幕戦「フランスvsルーマニア」は(2:1)でフランス勝利。ほぼ寝てたんで詳しくは再放送観ないと何とも・・・。フランス先制して、ルーマニア追いついて、終了間際にフランス勝ち越してっつう試合経過で(ざっくり過ぎる)、拮抗してた印象。
ポグバはユーべでやってる時より、随分守備に神経いっててその分攻撃でやりたいことができてない感じ。寝てたから定かではないが。



この後はJを観て、夜はユーロ、翌朝コパ・アメリカ。ヨーロッパのシーズン終わっても、観るものいっぱいあって忙しい~、でも楽しい~♪




その間を縫ってゲームもやんなきゃ~♪ 本も読まなきゃ~♪ 音楽聴かなきゃ~♪
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

リーーーベル! [サッカー]

クラブW杯準決勝
「サンフレッチェ広島vsリーベルプレート」(0:1) アラリオ
試合前はいろいろリーベルサポがネタを提供してくれて、そして試合中はドウグラスが笑かしてくれて、試合後はたぶんまたいろいろリーベルサポがネタをかましてくれると予想。
前半は、リーグ優勝の勢いのまま突っ走ってきた広島に対して、最近は国内リーグでそれほど好調でもないリーベル、てことで、サンフレッチェ優勢。しかしリーベルGKバロベロの好セーブもあって何とかスコアレスで終える。
後半、ルチョ投入。相変わらずひげまみれやのぅ。そして、例によって、のらりくらりプレー。こ、個性だかんね、動けないわけじゃないんだかんね!
で、次は若手を投入。元ミランにいたらしい(ミラニスタじゃないのでバリバリレギュラーじゃないとわからない)ウルグアイ人ビウデス。
先制ゴールはこのビウデスが蹴ったFKをサンフレッチェGK林が弾いたところをアラリオがヘッドでねじ込んでリーベルがゲット。林はキャッチしようとしてしきれず、それが痛恨の失点につながってしまった。
先制したリーベルは緊張が解けてリラックス、パスが繋がるようになってきて、まあまあ本来の試合運びができるようになってきた。先制ゴールとはかくも大きなものなり。
失点した広島は、それまでの過密日程の疲れがどっと出たようで、身体も足も重くなってしまった感じ。攻撃の切れ味が鈍ったというか・・・。
そのままのスコアでリーベル逃げ切り。ガジャルド監督はホッとした表情であった。
まぁ、危ないシーンもいっぱいあったもんな。

一つ確実なことは、これで20日前後、今度は横浜にリーベルサポがあふれるということである。横浜で言う道頓堀的なところってどこ?
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

103年ぶり [サッカー]

ユーヴェ開幕2連敗
 史上初と言われてたが、実はそうではないらしい。セリエAでは初だけど、それ以前のリーグ戦では開幕2連敗が103年前にあったらしいよ。にしても1世紀以上前・・・

セリエA
「ローマvsユベントス」(2:1) ピャニッチ(FK)、ジェコ、ディバラ(ユ)
攻撃がどいひー。やっぱり、テベス、ビダル、ピルロ、いっぺんにレギュラー3枚抜けちゃったら、チームがくがくになるわなー。
ローマの攻撃をいくらがんばって守っても、ポグバが孤軍奮闘してる状態じゃ、ストレスつのる一方。
テレビで観てるだけでこんなイライラするんだから、プレーしてる選手たちはどういう思いなのか、心配。
ポグバがぶち切れて移籍してしまったらどうしよう(まだ市場はオープンしてるわけで)。
アッレグリは誰か(ユーベの場合コンテ)の作ったチームを熟成させることはできても、自分のチームを練り上げていくのは苦手なのか?
ジェコはローマで初ゴールおめでとさん。シティにいた頃は「決めてくれーーーー」と決定力の無さに悲鳴を上げたことしばしばだったが。できれば、ユーベ戦以外で決めてほしかった。


いやあ、ユーベの試合を観るまでは非常に幸せな週末だったんだが・・・


Jリーグ
「横浜F・マリノスvs浦和レッズ」(4:0) 中村俊輔(FK)、齋藤学×2、ファビオ
俊輔のキックが冴え渡った一戦。
スーパーなフリーキックで先制。随所にレベルの違うプレーを見せつつ、最後はCKでファビオのゴールをアシスト。セットプレーの俊輔→ファビオのゴールはこれで2戦連続。武器になってるにゃ~。
学も前節小言を言ったおかげ(ではない)で、抜け出してキーパーとの1対1を制しての1点目(アシスト伊藤翔)、豪快ミドルの2点目(アシストアデミウソン)と、貴重な中押し2ゴール。
ま、敢えてまた小言を言わせてもらえば、ハットトリックなるか、というチャンスに天高く打ち上げたのは・・・ちゃんと決めようよ。力む悪癖を何とかしないと、たとえいつか代表に呼ばれても活躍できないぞ、と。



イングランド・プレミアリーグ
「マンチェスター・シティvsワトフォード」(2:0) スターリング、フェルナンジーニョ
前節チェルシーに完勝したので、昇格組ワトフォードにやられることはないだろう、と思って見始めたら、攻めまくってるのになかなかにゴールが遠い。ワトフォード、守り倒してきてる。
ワトフォードはここまで3試合すべてドロー。とにかく相手にゴールさせず、1点ずつ勝ち点を拾っていく作戦らしい。そんなチームの監督は、懐かしやキケ・フローレス!相変わらずダンディだのう。
そんな感じで、シティは失点する気配は全くないものの、攻め疲れするんじゃないかというくらい、前半ほぼハーフコートでゲームを展開するも、スコアレス。
ちょっと嫌な雰囲気だったが、後半頭から空回り気味だったヘスス・ナバスに替えてナスリを投入し、さっそくスターリングがゴール!右のバカリ・サニャからのクロスを走り込んでワンタッチボレー。
さらに、ダビド・シルバが右サイド上がってきたフェルナンジーニョに落としたボールを、そのまま角度のないところから蹴り込んで追加点。
2点取って、その後は安心して横綱相撲。危なげなく勝ちきりましたとさ。大事なシルバに替えてデルフ、スターリングに替えてイヘアナチョ(18歳)。ヤヤさんはこのゲームは最後まで働かされてたw

翌日マンUがスウォンジーに負けたので、しばらくは首位安泰っぽい。スタートダッシュは成功と言えそう。



今日から全米オープンテニス。
これでウィークデイも寝不足確定。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - サッカー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。