So-net無料ブログ作成

耐えて耐えて耐えて勝~つ! [サッカー]

ユーロ2016
「ベルギーvsイタリア」(0:2) ジャッケリーニ、ペッレ
GKと3バックがまんまユーベなのでもちろんイタリア応援で。ベルギーにはシティ組のデ・ブライネとコンパニがいるが、コンパニ怪我で出てないし、ここはやっぱりどうしてもイタリアに肩入れしちゃうよね~。
とはいっても、早朝の試合で起きられず、後半途中から観始めたので前半のジャッケリーニの先制ゴールはハイライトで後から観た。ボボボボヌッチさんのすんばらしいロングフィードをジャッケリーニがピタリと収めて、クルトワをしてもセーブできないコースに蹴り込むファインゴール。
ブッフォンとクルトワのキーパー対決と銘打ってWOWOWはゲストに川島呼んでたりしたが、クルトワは反射神経で、ブッフォンは位置取りと出る出ないの判断力で、両者ともさすがのパフォーマンス。ええもん観してもらいましたわ~。
自分が見始めた後半は、1点ビハインドのベルギーが怒涛の攻撃を展開していて、しかもご高齢のイタリア守備陣がちと疲れてきていて、結構ひやひやするシーンがたくさんあった。だが、最後のところで体を張って(シュートコースを塞ぐ、プロフェッショナルファールで遅らせる等々)何とか持ちこたえ、いよいよ後半ロスタイム、カウンター炸裂でカンドレーバが右サイドを切り裂いてPA内に入っていき、クルトワもベルギー守備陣もそっちに気を取られたところをシュートと見せかけて左サイドに走り込んできたペッレにパス、ペッレがこれをダイレクトボレーできれいに蹴り込んでゴラッソ~!
結局(0:2)でイタリアが勝利。下馬評では有名選手が多いベルギー有利と言われていたのだが、伝家の宝刀の組織的守備で踏ん張り、決めるところを決めたイタリアが伝統国の底力を見せた形になった。


ほかの試合
「スペインvsチェコ」(1:0)ピケ
スペインが攻めても攻めても点が入らないという結構しょっぱい試合であった。
チェコは今回はロシツキが無事に出場していてそれだけで目出度い限り。最近は常に怪我してるイメージだもんなー。ドルトムントにいたころが一番生き生きしてた・・・ような気がする。
WOWOW的にはリーガの中継をしているので当然スペイン押しだったが、チェコもなかなか良いチーム。でも、シルバが出てるので個人的にもスペインかな、ここは。セルヒオ・ラモスがキャプテンやってて時の流れを感じたよ。19歳でマドリに移籍してきたときは、ロン毛にサングラスに白いスーツに黒のシャツ、どこのチンピラかと(笑)。
結局終盤にセットプレーのあと残ってた?ピケがゴール前ごちゃごちゃした中で決めてスペインがなんとか勝ったわけだが、ゴールラインぎりぎりでセスクが間一髪かき出した場面とか、デ・ヘアがスーパーセーブしたりとか、チェコもあと一息で得点できそうだった。予選を勝ち上がってきた国ばかりなので本大会は拮抗した試合が多くて楽しいね。


「アイルランドvsスウェーデン」(1:1)フーラハン、OG(クラーク)
すいません、ほぼ寝てたので感想は特になし。実況がめっちゃズラタン押ししてたのだけが印象に残ってる。「特別な選手」て、あんた。それなのにアイルランドが先制してありゃりゃ、というね。終わってみればスウェーデン追いついてドロー。いや、寝てたんで、気づいたら終わってた。



明日朝はコパ・アメリカでアルヘンがボリビアと対戦じゃー。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。