So-net無料ブログ作成

『ブラックアウト』『オール・クリア1』『同2』 コニー・ウィリス [SF]

今日からユーロ開幕ですよ~、開幕戦は「フランスvsルーマニア」、ポグバ応援してやんないと。というわけでワタクシ、この試合はフランス応援でゴザイマス。


ブラックアウト (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

ブラックアウト (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

  • 作者: コニー・ウィリス
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/08/08
  • メディア: ペーパーバック



オール・クリア 1(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

オール・クリア 1(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

  • 作者: コニー・ウィリス
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2013/04/10
  • メディア: 単行本



オール・クリア2 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

オール・クリア2 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

  • 作者: コニー・ウィリス
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2013/06/06
  • メディア: 単行本


コニー・ウィリス、長い、重たい(物理的に)、でも面白い。
自分はハヤカワ新SFシリーズで読んだのだが、『ブラックアウト』はあまりに分厚かったので、文庫化に際して上下巻に分けられたとさ。(Kindle版も出てるのでこれが一番軽いか)
『犬は勘定に入れません』『ドゥームズデイ・ブック』と同じオックスフォード大学史学部シリーズで、ちょっと未来、過去にのみ行けるタイムトラベルが可能になり、研究のため学生たちが過去の時代に現地調査に行くっつう、そして行った先でいろいろトラブルが起きて云々っつう話。
今回の行き先は第二次世界大戦時代なのだが、英国史的な観点で書かれてるのでノスタルジーに流されることなく異世界感覚で読める。イングランド人なら当然知っていてしかるべき歴史的事変やら地理やら、あまりわからずともストーリーでぐいぐい引っ張られるので大丈夫・・・たぶんその辺知ってるとさらに面白みが増すんだろうが。(前もコニー・ウィリスの本で同じような感想書いたな)
とはいえ、とっかかりのあたりは時代も語り手もころころ変わるので、ついていくのが大変ではあった。そこはあまり気にせず、どんどん読み進めるが吉。だって先は長~いから。
途中、ちょっとしたロマンスもあったりして楽しい。
そして、読後感はほろ苦いけどさわやかデス。
なんか書くとちょっとしたことからネタバレしそう。



コパ・アメリカはウルグアイが敗退してしまった。
明日朝はアルヘンの試合がありやす。
SFの記事なのに、ちょいちょいサッカー話をはさんでしまいスミマセン。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 2

K

おじゃまします
いよいよユーロですね。確かルマンもそろそろだったかと。

開幕戦に登場のフランス、ぜひとも決勝に残っていただいて、1998年の再現を期待したいところです^^♪。

by K (2016-06-11 09:44) 

如雪

Kさん、ご無沙汰しております。nice&コメありがとうございます。
フランス、地元ですから、地の利を生かして勝ち上がってほしいものですが、ドイツやスペインに比べるとちょっと華のある選手が少ないかもしれませんね。
by 如雪 (2016-06-11 13:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。