So-net無料ブログ作成

リーーーベル! [サッカー]

クラブW杯準決勝
「サンフレッチェ広島vsリーベルプレート」(0:1) アラリオ
試合前はいろいろリーベルサポがネタを提供してくれて、そして試合中はドウグラスが笑かしてくれて、試合後はたぶんまたいろいろリーベルサポがネタをかましてくれると予想。
前半は、リーグ優勝の勢いのまま突っ走ってきた広島に対して、最近は国内リーグでそれほど好調でもないリーベル、てことで、サンフレッチェ優勢。しかしリーベルGKバロベロの好セーブもあって何とかスコアレスで終える。
後半、ルチョ投入。相変わらずひげまみれやのぅ。そして、例によって、のらりくらりプレー。こ、個性だかんね、動けないわけじゃないんだかんね!
で、次は若手を投入。元ミランにいたらしい(ミラニスタじゃないのでバリバリレギュラーじゃないとわからない)ウルグアイ人ビウデス。
先制ゴールはこのビウデスが蹴ったFKをサンフレッチェGK林が弾いたところをアラリオがヘッドでねじ込んでリーベルがゲット。林はキャッチしようとしてしきれず、それが痛恨の失点につながってしまった。
先制したリーベルは緊張が解けてリラックス、パスが繋がるようになってきて、まあまあ本来の試合運びができるようになってきた。先制ゴールとはかくも大きなものなり。
失点した広島は、それまでの過密日程の疲れがどっと出たようで、身体も足も重くなってしまった感じ。攻撃の切れ味が鈍ったというか・・・。
そのままのスコアでリーベル逃げ切り。ガジャルド監督はホッとした表情であった。
まぁ、危ないシーンもいっぱいあったもんな。

一つ確実なことは、これで20日前後、今度は横浜にリーベルサポがあふれるということである。横浜で言う道頓堀的なところってどこ?
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。