So-net無料ブログ作成

ジャパンカップ [サッカー]

海外のサイトではエンペラーカップじゃなくジャパンカップとなっておった。まーそうだわな。(FIFA公式では「emperor's cup」だった。でもチーム名がFなしの「Yokohama Marinos」・・・)

天皇杯決勝
「横浜Fマリノスvsサンフレッチェ広島」(2:0) 齋藤学、中澤佑二
というわけで優勝したぞい。
準決勝では出場停止だった右SB小林祐三が積極的に攻撃参加して躍動していたのが印象的であった。
先制ゴールはその小林のドリブル突破から中に入れたボールを広島DFが足を出しクリア、それを中町が拾い(すいません、後で確認したら富澤だった)、端戸、兵藤を経由して(どっちが触ってどっちがスルーしたのかよくわからなかったが)、最後齋藤学が右足でシュート!ゴール左隅に決まる。
2点目は俊輔の左CKを中町がニアからヘディングシュート!これは辛くも西川がセーブしたが、すかさず中澤が走り込んでヘッドで押し込みゴール。
中町も良かったね。リーグ戦終盤の頃は気持ちが守勢に回っちゃって、全然本来のプレーが出来てなかったが、この日はのびのびやれてたと思う。
そして、俊輔のキックの出来も非常によろしかった。あわや直接というCKもあったりして。
前半で2点リードして、後半もそれを守りきり、というか守りの姿勢でなく常に追加点を狙っていたのがいい結果につながったんだな。そのまま勝利をものにする。
日産時代は元日決勝の常連だったのにプロ化してからとんと縁がなく、21年も経ってしまったとは、感慨深いものがある。
とにかく、タイトルゲットだ。新年初日から嬉しいことである。
今年はいい年になりそうだ。




その夜のプレミア
「スウォンジーvsマンチェスター・シティ」(2:3) フェルナンジーニョ、ボニー(ス)、ヤヤ・トゥレ、コラロフ、ボニー
前半の早いうちにフェルナンジーニョがミドルをきれいに突き刺し、これは楽勝か?と思いきや、前半終了間際にクロスをボニーがヘッドで決めて追いつかれる。おいおい、詰めが甘いなー。
が、後半、ヤヤ、コラロフと立て続けに決めて、シティがリード。これはこのままかさにかかって攻めまくるのか、と思いきや(思いきやばっかり)、せっかく正守護神に返り咲いたハートが目測を誤ってやらかしそうになり、冷や汗をかく。このときはスウォンジーが外してくれて、決定力のなさに救われる。ハートは猛省すべき。かといって、パンティリモンも危なっかしいので、ホントにしっかりしてほしい。
そして、そのまますんなり終わるかと思いきや(またw)、後半ロスタイムにちょい遠目からボニーに弾丸ミドルを決められ失点。試合終了までちゃんと集中しろやーーー!
というわけで、終わってみれば1点差の、なんだかスカッとしない勝利であった。やはりアウェイに油断は禁物。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 2

K

おじゃまします

横浜・Fマリノス、天皇杯優勝おめでとうございます。ベテランと若手のバランスが良かったですね^^。


本年も旧年中同様、よろしくお願いします♪。

by K (2014-01-02 23:01) 

如雪

>Kさん、今年もよろしくです。

いやー、一つでもタイトルがとれて良かったです。ナビスコもリーグもいいところまでいって最後の方でつまづいてるんで。
by 如雪 (2014-01-04 14:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。