So-net無料ブログ作成

CLグループリーグ第3節第2日 [サッカー]

まずは浦和レッズ、ACL決勝進出おめでとうゴザイマス。試合観てなかったけど。

今回も本当に観たかったのは「マルセイユvsポルト」だったが生中継無し。グループ1位vs2位なのに。
しょうがないので俊輔セルティックの試合を観ようかと思ったら、スタメンに入ってない・・・ので、「ベシクタシュvsリバプール」を中心に途中あっち行ったりこっち行ったり。

グループA
「ベシクタシュvsリバプール」(2:1) OG(ヒーピア)、ボボ(ベ)、ジェラード
ヒーピアさん、国内リーグのマージーサイドダービーに続いて公式戦2戦連続OG献上!
トルコの応援は一種異様な雰囲気。手を上にしてみんなで同じ方向に打ち振ったり(あっち行け、か、おいでおいで、かは謎)。この光景何かに似てると思ったら、昔のヴィジュアル系のコンサート会場(笑)。
先制して会場盛り上がる盛り上がる。トルコのみなさん陶酔してます、イっちゃってます。
ベシクタシュは前線からがんがんプレスをかけに行って、これがかなり効果的で、パスミス誘ったり、自由な組み立てを出来なくしたり、混乱させたり。リバポのDFなんかは、プレミアであそこまでプレッシャーかけられること無いので、すごくやりにくそうだった。積極的に攻めるためにすばやく前線にロングボールを送るのと、プレスをかけられて焦って闇雲に前にロングボールを蹴るのとでは、同じロングボールでも全然違うもんな。
先制されたリバプールはここで負けたりしたらホントのホントに後がなくなるので焦って攻めるが、ベシクタシュは粘り強く身を挺して守る守る守る。
そのまま終盤までズルズル試合は進み、カウンター一発でなんとベシクタシュが追加点。裏に抜けたボボがレイナの股を抜くシュートを決める。2:0!
2点先行されてベニテスはやっとクラウチ投入。高さで競り勝ち何度か好機を作り出すが、決まったのはジェラードの強烈ミドルヘッドの1点だけ。2:1。
結局そのまま試合終了。リバプールは負けて勝ち点1のまま。ベシクタシュはCLグループリーグ初勝利で勝ち点3。
マスケは先発したがあんまり出来は良くなかったな。というか全体的にリバプールはダメダメな感じで。後半途中でルーカスに交代。直近の試合(エバートン戦)ではジェラードがルーカスと交代させられて「ショック!」と凹んでしまったので、この試合はジェラードを残してマスケが交代させられる羽目になったのだろうかね。ジェラードはその後得点したので、その決断は良かったと言えなくもないが(その前にマスケが下がった後追加点入れられてるが)。てか、そこまでして使うほどルーカスのことを買ってるんだ、というのが驚き。活きはいいかもしれないがCL経験のない新加入の20歳の若者だよ。ビハインドの場面でいきなり投入して100%力が出せるかどうか・・・。
とまぁ、采配にも疑問点はあるが、それよりもベシクタシュの作戦勝ちだな。
リバプールは残り3試合全部勝ったら、勝ち上がれるかもしれないかもしれない。

「マルセイユvsポルト」(1:1) ニアング(マ)、ルチョ・ゴンサレス(PK・ポ)
ポルトが優勢に試合を進めたが、ニアングにワンチャンスを決められる。が、マルセイユGKマンダンダが、それまでファインセーブを連発していたのに、PA内でポルト選手を倒してしまいポルトにPK。これをルチョが決めて同点。そのままドロー。
この結果、1位マルセイユ(7)、2位ポルト(5)、3位ベシクタシュ(3)、4位リバプール(1)
うわ、リバポ予想外の最下位。マルセイユはこっちは好調だがリーグ・アンをもうちょっと何とかしないと・・・落ちちゃうよ。

グループB
「チェルシーvsシャルケ」(2:0) マルダ、ドログバ
チェルシー、ジョゼショックから立ち直り調子戻してきたなぁ。やだなぁ。次にプレミアで当たるのはマンチェスター・シティなんだよね。ただでさえチェルシー苦手なのにさ。
「ローゼンボリvsバレンシア」(2:0) コネ、リセト
カニサレスでもダメな時はダメなんじゃん。キケ、ピンチ。
1位チェルシー(7)、2位ローゼンボリ(4)、3位バレンシア(3)、4位シャルケ(3)
まだまだわからない。

グループC
「ブレーメンvsラツィオ」(2:1) サノゴ、ウーゴ・アルメイダ、マンフレディーニ(ラ)
「レアル・マドリvsオリンピアコス」(4:2) ラウール、ガジェッティ(オ)、ジュリオ・セザル(オ)、ロビーニョ×2、バルボア
オリンピアコスがんばってたんだけどねぇ。前半13分にトロシディス一発退場ってのが痛かった。とはいえ、その後一時逆転したりして期待したんだが。最後は疲れ果ててしまったようだ。
ところで、ロビーニョのおしゃぶりポーズは、あれは何?
1位レアル・マドリ(7)、2位オリンピアコス(4)、3位ブレーメン(3)、4位ラツィオ(2)

グループD
「ベンフィカvsセルティック」(1:0) カルドソ
結局俊輔は出場せず。
時々気にして観ていたが、観るたびに攻め込まれてるセルティック。やっぱりアウェイではのびのびプレーできないみたいだ。それでも何とか凌いでいたのだが、終盤にとうとう決められてしまいジ・エンド。
「ミランvsシャフタール・ドネツク」(4:1) ジラ×2、ルカレッリ(ド)、セードルフ×2
点差ほどには差はないような気がした。シャフタル・ドネツクはセードルフの3点目ですっかりガックリ来ちゃった感じ。
1位ミラン(6)、2位シャフタル・ドネツク(6)、3位ベンフィカ(3)、4位セルティック(3)

あー眠い。昼日中からあくび連発。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。